サイトマップ
        【一 般 工 法】 ●RODEX工法    ●HF工法  ●NAKS工法
        【高支持力工法】●Hyper-MEGA工法 ●Hyper-ストレート工法 ●Hyper-NAKS工法 ●H・B・M工法
        【無 溶 接】 ●トリプルプレートジョイント・ペアリングジョイント
















■パイル基礎工法(一般工法) カタログ(PDF)  
▼RODEX工法
◆概 要
 拡大ビットと攪拌翼を有する掘削ロッドを用いて、掘削液を吐出しながらプレボーリングを行い、地盤
 を泥土化させた掘削孔を設け、支持層に拡大根固め球根を築造する。
 掘削孔に特殊キャップにセットした杭を建込み杭自重及び回転埋設によって、築造している拡底根固め
 球根部に杭を定着し、杭と支持層の一体化を図る工法である。
 この工法には、杭周固定液を使用しない方法「Type-1」と使用する方法「Type-2」とがあり、下杭に
 はST杭を使用する「ST-RODEX工法」がある。
◆施工手順
 1.くい芯合わせ及び掘削
    くい芯に定規をあて2方向に逃げ芯を取ります。
   そして掘削ロッドの先端に取付けたビットをくい
   芯位置に合わせ、掘削ロッドの鉛直性を確認した
   後、オーガモーターを駆動させます。
    ビットの先端から掘削液(主に水)を吐出させ
   ながら土質に応じた速度で掘削し、掘削孔内を泥
   土化させ所定の深度まで掘り下げます。継ぎくい
   等深度が深い場合には順次、ロッドをピン接続に
   より継ぎ足し施工します。


 2.掘削ロッド反復・掘削孔確認
    所定深度まで掘削した後、掘削ロッドを上下反
   復して孔内を十分に泥土化させ、くいの挿入に支
   障がないよう掘削孔ができているかを確認します。


 3.拡底根固め球根築造
    掘削ロッドを逆回転して、拡大ビットを開翼し、
   支持層を拡大掘削するとともに根固め液を注入し
   ながら支持層内に拡底根固め球根を築造します。


 4.掘削ロッド引き上げ
    球根築造後、掘削ロッドを正回転に戻して拡大
   ビットを閉翼します。掘削液またはくい周固定液
   を注入して孔内の泥土化された状態を保ちながら
   掘削ロッドを引き上げます。


 5.くいの埋設
    孔壁を崩さないようにくいを掘削孔に建て込み
    くいの自重とモーターに連結したキャップに取
    り込んだくいに回転を与えながら埋設していき
    ます。継ぎくいのある場合は継手溶接等を施し
    順次くいを沈めていきます。


 6.定着
    セメントミルクを注入した拡底根固め部までく
   いを埋設し、レベル等によって観測しながらくい
   を所定深度に定着させます。
トップページ |会社案内 |製品案内 |最新情報 |品  質 |採用情報 |お問合せ
Copyright© tohokupole All rights reserved