サイトマップ
        【一 般 工 法】 ●RODEX工法    ●HF工法  ●NAKS工法
        【高支持力工法】●Hyper-MEGA工法 ●Hyper-ストレート工法 ●Hyper-NAKS工法 ●H・B・M工法
        【無 溶 接】 ●トリプルプレートジョイント・ペアリングジョイント
















■パイル基礎工法(一般工法) カタログ(PDF)  
▼NAKS工法
◆概 要
 杭中空部に挿入したスパイラルオーガーによって、杭先端地盤を掘削するとともに、杭を連続に沈め、支
 持層付近から拡大ビットにより拡大球根を築造する工法である。
◆施工手順
 1.杭の沈設
    支持層付近までは、杭外径以下のビット径で、
   ビットから圧縮空気を出しながら、杭先端地盤を
   掘削して杭を沈設します。

 2.ビットの
    支持層付近に達すると拡大ビットを杭外径以上
   にするために、オーガースクリューの回転を正か
   ら逆、更に正の操作を行うことによりビットは拡
   大状態で固定されます。
    このような構造であるため拡大状態の確認は拡
   大翼を杭に接触させて行います。

 3.拡大球根の築造と杭定着
    ビットの拡大状態を確認した後、根固め材を注
   入しながら支持層を攪拌し、支持層の砂・礫と十
   分混合させて拡大球根を築造します。
    あわせて杭を拡大球根部に沈設しながら、所定
   深度に定着し、杭と支持層の一体化を行います。

 4.ビットの閉じ
    杭を定着させた後、オーガースクリューを逆回
   転させ、ロックを解除します。更に、回転させな
   がら、杭中空部に引き上げビットの翼を閉じます。
    そして、オーガースクリューを引き上げて作業
   を完了します。





トップページ |会社案内 |製品案内 |最新情報 |品  質 |採用情報 |お問合せ
Copyright© tohokupole All rights reserved