サイトマップ
        【一 般 工 法】 ●RODEX工法    ●HF工法  ●NAKS工法
        【高支持力工法】●Hyper-MEGA工法 ●Hyper-ストレート工法 ●Hyper-NAKS工法 ●H・B・M工法
        【無 溶 接】 ●トリプルプレートジョイント・ペアリングジョイント
















■パイル基礎工法(一般工法) カタログ(PDF)  
▼HF工法
◆概 要
 掘削ビットと掘削翼を有する掘削ロッドを用いて、地盤に掘削液(主に水)を注入しながらプレボーリン
 グを行い、泥土化させた掘削孔を設け、掘削ロッドの引き上げる際には、根固め液(先端地盤の平均N値
 ≧5に使用する)及び周固液を杭全長にわたり注入する。その後、節杭を掘削孔に建て込み、杭自重、回
 転埋設によって計画深度に設置し、地盤と一体化を図る工法である。
◆施工手順
 1.掘削ビットの杭心合せ
    掘削ビットを杭心位置に合わせる。
 2.掘削
    掘削ビットの吐出口より掘削液(水または泥水)を注入しながら所定深度まで掘削する。
 3.掘削ロッド反復・掘削孔の確認
    所定深度まで掘削後、掘削ロッドを上下反復して掘削孔内を泥土化し、掘削孔の築造を確認する。
 4.根固め液の注入
    根固め液を注入しながら支持層内に根固め球根を築造する。
 5.掘削ロッド引き上げ
    根固め液を注入後、引き続き杭周固定液を注入しながら、掘削ロッドを引き上げる。
 6.杭の建込み
    杭の先端部を掘削孔に挿入し、鉛直度を確認・修正する。
 7.杭の埋設
    杭自重および回転により杭を埋設する。継杭の場合は順次継手作業を行い、杭を埋設する。
 8.定着
    杭を所定深度に埋設定着する。
トップページ |会社案内 |製品案内 |最新情報 |品  質 |採用情報 |お問合せ
Copyright© tohokupole All rights reserved